日経コンピュータ 2003/03/24号

REPORT NEWS & TREND
ICタグのデファクト争いが過熱 「ユビキタスID」が始動、実現できるアプリは大差ない

3月11日、国内企業が中心になってICタグの標準化団体「ユビキタスIDセンター」を発足させた。既存のコード体系を生かせる、オフラインでも使えるといった特徴を武器に、欧米企業中心の「オートIDセンター」を急追する。ただし実現できるアプリケーションは、現時点では両者の間であまり差がない。 多くの企業が今最も高い関心を寄せている「ICタグ」。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
【記事に登場する企業】
オートアイディーセンター
ユビキタスIDセンター
update:19/09/24