日経コンピュータ 2003/03/24号

インタビュー
リスク背負わずコスト削減など無理 “心臓部”をオープン系に移植
JTB 取締役(情報システム担当) 佐藤 正史氏

旅行商品の予約・発券という基幹系システム「TRIPS」の全面再構築に挑むJTB。“心臓部”を約5年かけてメインフレームからオープン・システムに移植する。その投資額150億円は、2003年3月期の経常利益の1.5倍に当たるほどの巨費である。CIO(最高情報責任者)を務める佐藤正史氏は、「我々はリスクを知ったうえでオープン系に挑戦する。(58〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3756文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
JTB
日本IBM
update:19/09/24