日経アーキテクチュア 2003/03/31号

特集 住宅特集1●街と触れ合う仕掛け
見える庭や開閉戸で 街の感度を刺激する
PAS 広島市西区 設計:中村勝己建築設計事務所

住宅密集地で,周囲には戸建て住宅や中高層建築物が混在している。平屋の住宅もまだ残っているが,将来は,3階建ての商品化住宅や中高層マンションに囲まれてしまう可能性がある。それでも,道路を挟んで敷地の前面(西側)に小さな公園があるため,開放的なつくりが有効になる場所だと考えられた。生活をこう読んだ60代の夫婦が住む。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1880文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
update:19/09/26