日経アーキテクチュア 2003/03/31号

特集 住宅特集2●水と緑でつくるエコ外構
多孔質材でつくった屋上ビオトープ
アーベインビオ川崎1号棟・駐車場棟

 都市基盤整備公団が,屋上にビオトープ※をつくる「試行団地」に位置付けたプロジェクト。公団と外構設計者,外構施工者のほかに,ビオトープの専門家である日本大学生物資源科学研究科の勝野武彦教授と環境,造園系プランナー2社をアドバイザーに加えた体制で,計画作成と完成後のモニタリングに当たっている。 1950年代に建てられた公団賃貸住宅,川崎大宮団地の跡地に建つ。(75〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2889文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
安藤ハザマ
奥村組
構造計画研究所
地崎工業
東急建設
東洋建設
都市基盤整備公団
日産建設
藤木工務店
りんかい日産建設
update:19/09/26