日経アーキテクチュア 2003/03/31号

技術クリップ/新技術・IT 床衝撃音を低減するボイド
室内環境 床衝撃音を低減するボイド 中小規模の建物に対応

 熊谷組は,床衝撃音の共振現象を低減して遮音性能を高める「打込みサイレントボイドスラブ」工法を開発した。 遮音性能低下の原因となる共振現象を抑えるために,表面を波形にした発泡体をコンクリート床に埋め込む。発泡体は1辺400,高さ100〜200の大きさ。中心部分の穴に押さえ金具を取り付けて固定する。(150〜151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1658文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > その他(マルチメディア配信)
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
熊谷組
大成建設
ファテック
フジモリ産業
森ビル
update:19/09/26