日経ホームビルダー 2003/04号

特集 解体工事新書 「適正価格」はいくらか
適正価格はいくらか
安心できる処理ルートはどこにある

 今年の2月、宮城県岩出山町の解体業者が起こした不法投棄事件で、約64トンの廃棄物の処理を48万円ほどで委託していた建設会社の社長が逮捕された。仮に、坪当たり約80oの廃棄物が発生するとして試算すると、坪単価6000円弱で委託していたことになる。 全国単純平均の約4分の1の価格では不法投棄されても無理ないのかもしれない。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4368文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 施工 > 建築施工コスト
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築施工コスト
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
update:19/09/27