日経NETWORK 2003/04号

できごとズームイン 個人向けの侵入検知システムが登場
パソコンに入れて攻撃パケットをしゃ断 パーソナル・ファイアウォールの次はこれ!
個人向けの侵入検知システムが登場

 個人のパソコンにウイルス対策ソフトが必須というのは,今やセキュリティ対策の常識。最近では,常時接続環境にあるパソコンに,パーソナル・ファイアウォールを入れることも当たり前になりつつある。 さらに,新顔が加わろうとしている。個人向けの侵入検知システム(IDS),すなわち“パーソナルIDS”である。(220〜221ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2629文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
アクト・ツー
インターネット セキュリティ システムズ
update:19/09/26