日経情報ストラテジー 2003/05号

特集1 本気・本音・本当で「やる気」起こす 意識 提言
情報格差の解消目指せ
提言 「本気・本音・本当」が現場を動かす

 そもそも社員の間にある意識の格差は、何に起因しているのか。結論を先に言うと、職種や役職、地域といった立場の違いが格差を生み出す。 例えば、大日本印刷が実施している「新任幹部社員研修」も、職種や地域など立場の違う社員の間で、価値観や考え方を共有することを狙ったものだ。(43〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5938文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
スコラ・コンサルト
損保ジャパン
TDKラムダ
三菱信託銀行
リンクアンドモチベーション
update:19/09/24