日経情報ストラテジー 2003/05号

特集2 業務日報で作る ノウフー・データベース 提言篇
情報抽出のルールを作れ
提言篇 日報の内容は「より狭く深く」が基本

 ノウフーDBの作りやすさは、実は職種や業種によっても大きく異なる。メイテックの場合、ノウフー情報として管理したいスキルはどちらかといえばキーワードや数字に置き換えやすい形式知に近い。判断力や交渉力などのスキルを日報ベースで評価して、プロジェクト・マネージャへの到達度を示せる手法の確立は今後の課題だ。(59〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4684文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 業務日報で作る ノウフー・データベース プロローグ(54〜58ページ掲載)
ノウフー・データベース
特集2 業務日報で作る ノウフー・データベース 提言篇(59〜63ページ掲載)
情報抽出のルールを作れ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
ウェッブアイ
NTT東日本
ソニーマーケティング
ダイヤモンドリース
富士ゼロックス
三菱電機
メイテック
リアルコム
update:19/09/24