日経情報ストラテジー 2003/05号

ウオッチ戦略
SFAで競合に先手
近鉄エクスプレス 受注担当者と情報を共有し新規開拓

 国際航空貨物運輸大手の近鉄エクスプレスは、2月から輸出営業部門でSFA(セールス・フォース・オートメーション)システムを本格稼働させた。約200人いる営業担当者の活動状況をきめ細かく把握し、受注件数を増やすのが狙いである。投資額は約2億円。 システム導入の背景に、価格競争力強化のため実施したコスト削減策がある。昨年4月に組織を改編。(164ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:978文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
近鉄エクスプレス
update:19/09/24