日経情報ストラテジー 2003/05号

ウオッチ行政
ウオッチ
行政

 大阪府は、システム開発案件の競争入札の際、総コストを抑制するとともに提案内容も重視する「総合評価方式」を導入した。 システム開発案件の入札は単年度ベースのため、落札価格は安くても翌年度以降に運用・管理費や追加開発費などのコストが膨れ上がる。そこで入札時にシステムのライフサイクル・コストの見積もりを出させ、さらに提案内容も数値化して評価する。(174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:954文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
情報システム > 電子政府 > 電子入札*
情報システム > 電子政府 > 電子申請*
情報システム > 調達・購買システム > 電子調達システム*
【記事に登場する企業】
サン・マイクロシステムズ
世界経済フォーラム
ソフトピアジャパン
地方自治体
日本郵政公社
update:19/09/24