日経ソフトウエア 2003/05号

ニュース
XMLコンソーシアム,国際郵便のXML標準についての研究を開始

 XMLコンソーシアム(http://www.xmlconsortium.org/)は3月4日,国際間の郵便情報を扱うXML(Extensible Markup Language)フォーマット「IPACT(International Postal Address Components and Templates)」を研究するワーキング・グループを設立し,研究結果を国連の専門機関Universal Postal Union(UPU)に報告書として提出する計画であることを明らかにした。 …(155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:823文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)
【記事に登場する企業】
XMLコンソーシアム
update:14/03/27