日経アーキテクチュア 2003/04/14号

CLOSE UP 建築 六本木ヒルズ
日本最大規模の再開発都市、始動へ
六本木ヒルズ(東京都港区) 発注:六本木六丁目地区市街地再開発組合 設計:森ビルほか 施工:大林組・鹿島JVほか

京・六本木で進んでいた民間の既成市街地再開発事業としては国内最大規模の「六本木ヒルズ」が今年4月25日にいよいよオープンする。オフィス、住宅、ホテル、文化施設、商業施設、シネマコンプレックス、放送センターなどからなる巨大複合施設だ。約11.6haの広大な敷地の北側に建つ超高層オフィスビル「六本木ヒルズ森タワー」は地上54階建てで、高さは238mのシンボルタワー。(8〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3806文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
大林組
鹿島建設
森ビル
update:19/09/26