日経アーキテクチュア 2003/04/14号

CLOSE UP 住宅 S邸
建材の再利用はアイデアと人手で勝負
S邸(神戸市垂水区) 設計:狩野建築研究所 施工:深阪工務店

供が独立した女性の住宅をリニューアルした。改装の内容を象徴するのは、2階の床を取り払って吹き抜けにしたリビングだ。「2階のすりガラスから柔らかい光が差し込む中、音楽を聞きながらソファにすわって過ごすのが何より気持ちよい」と住まい手のSさんは言う。 工事をしてから1年半しか経ていないが、室内は既にしっくりなじんだ雰囲気を漂わせている。(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
狩野建築研究所
深阪工務店
update:19/09/26