日経アーキテクチュア 2003/04/14号

ニュース
法 延

 昨年の通常国会で成立して公布された改正ハートビル法と改正省エネ法が、4月1日に施行された。改正のポイントは、延べ面積2000m2以上の一定用途の建物に、ハートビル法では「利用円滑化基準」への適合が義務付けられ、省エネ法では「省エネルギー措置」の届出が義務付けられたことだ。施行日までに改正法に関連する告示や省令が出そろった。(45〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4228文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 省エネルギー(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 省エネルギー(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
出光興産
国土交通省
拓殖大学
同潤会
update:19/09/26