日経アーキテクチュア 2003/04/14号

特集 再編される設計監理体制
設計者に対する不安から制度導入
第三者監理で品質確保を図る

設計者の工事監理能力を不安視した発注者が、「工事監理は第三者に任せる」という方針を示したものだ。民間工事でもゼネコンの設計・施工物件を中心に、監理の第三者性が求められてきた。建物の最終的な形がつくられていく現場から、設計者が取り残される局面を迎えている。(65〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3033文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
大林組
国土交通省
清水建設
日建設計
update:19/09/26