日経アーキテクチュア 2003/04/14号

法務
設計図書に記載のない工事内容でも 隣接建物の損傷は監理者の過失か
弁護士 大森 文彦

s通常の建築工事では、設計者が設計図書で施工方法までは指定しないことが多い。「工事監理」は建築士法上、工事監理者が工事の内容について設計図書と照合して確認することだから、設計図書に記載されていない工事内容について、工事監理者は責任を負わないとも言える。sしかし、工事監理者の業務は、一般的にはもっと広義の意味だと理解されている。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3003文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/26