日経SYSTEMS 2003/04号

特集1 本文 オープンソースが開発スタイルを変える,燃
この流れは止まらない 好循環がブレークスルーを生み出す

 SIベンダーの日立システムアンドサービスは今年2月3日,事業として正式にオープンソースに取り組む方針を決めた。同社の吉田行男氏(事業企画部 主任技師)が3年前から暖めてきたプランを経営幹部が了承。オープンソース・ソフトを扱えるエンジニアを400人以上,2年間で育成する計画だ。(110〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9799文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
SRA西日本
経済産業省
日本IBM
ネットワーク応用通信研究所
メディアフロント
update:19/09/25