日経ITプロフェッショナル 2003/04号

CATCH THE TREND ユーザー動向
管制システムのダウンで空の便が麻痺 過去の失敗を教訓として生かせず

 3月1日に起きた航空管制システムのダウンは,企業や政府機関の危機管理体制に,改めて警鐘を鳴らすことになった。 同日午前7時,国土交通省・東京航空交通管制部(東京ACC,埼玉県所沢市)が運用する「飛行計画情報処理システム(FDP)」が突如ダウン。全国59カ所の空港の大半で管制業務が不能になり,航空機が離陸できない状態が続いた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
【記事に登場する企業】
NEC
国土交通省
東京航空交通管制部
update:19/09/25