日経ITプロフェッショナル 2003/04号

速効!コミュニケーション実践塾 第11回[デモンストレーション編]
明確な目的と余裕ある操作で デモの効果を最大にする
第11回[デモンストレーション編]

 デモンストレーション(デモ)とは,「実際にものの動きや操作方法を見てもらうこと」である。これは顧客に製品やサービスを理解してもらうためにとても良い手段だ。 なぜ実物の動きや操作方法を見てもらうと良いのか。それは,より多くの「感覚器官」を使うからだ。例えば,言葉だけで説明するよりも,図やイラストといった視覚的資料を使ったほうが分かりやすい。(110〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9453文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
グローバルナレッジネットワーク
update:19/09/25