日経マイクロデバイス 2003/04号

μレポート[LSI製造]
米Intelのプロセス戦略は 世界の潮流に逆行? 自前主義を貫く
技術は製品別に最適化

プロセス開発の負担は重くなる一方だが,それでも自前主義を貫いているのが米Intel Corp.である。その真意を,同社のプロセス開発の責任者であるPortland Technology Development, Director of Process Architecture & Integration, Intel Senior FellowのMark T. Bohr氏に聞いた。技術は製品別に最適化するため,自前でなければ競争力は発揮できないと言い切る。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1754文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:19/09/26