日経マイクロデバイス 2003/04号

解説[FPD] 囲み
台南の「国際村」構想 実態は日本に依存

 南部科学工業園区の「日本人村」は,日本人技術者の誘致促進のために住居や学校,病院などを整備する構想だったが,「国際村」に路線が変わった。建設の主導権を持った台湾行政側が,将来の国際化の進展を視野に入れて,日本人に限定せずにあらゆる外国人に向けたサービスを実施していくことを表明するためである。(117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1106文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > その他(ディスプレイ製品・技術)
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
インターナショナルディスプレイテクノロジー
台湾・チ・メイ・オプトエレクトロニクス社
update:19/09/26