日経マイクロデバイス 2003/04号

藤村修三の技術者が学ぶ経営学
市場創造につなげるために
ビジネスにおける技術の位置付け

 受講者の大半が社会科学系学部卒業者の一橋大学大学院商学研究科経営学修士(MBA)コースと,技術者が過半数を占める「IIRコンソーシアム」の両方で,筆者は講義を行っている。この異なる二つの場での経験を通じて,受講者の中に共通に存在する課題に気付いた。それは文系,理系にかかわらず,「ビジネスにおける技術の位置付け」を明瞭に語ることが難しい,という点である。(159ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1752文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
日本政府
一橋大学
update:19/09/26