日経ホームビルダー 2003/05号

焦点
わざと劣化させたモデルで顧客の共感を得る この家、当社ならこう直します

 リフォーム大手のペイントハウス(神奈川県相模原市)が、東京都多摩市で2月にオープンさせた「住まいのデパート・ペンタくん」多摩センター店の内部には、新築住宅に手を加えて、築20年のレベルまで内外装を劣化させたモデルハウスが建っている。軒裏の塗装ははげかけて毛羽立ち、窓の四隅の外壁には斜めにひびが入っている。壁の塗装面には色むらがあり、雨水の流れた跡まである。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
【記事に登場する企業】
ペイントハウス
update:19/09/27