日経ホームビルダー 2003/05号

NEWS解説
●防犯
●防犯

「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」は住宅のドアや窓からの侵入手口への対抗策をまとめ、公表した。今後は「抵抗時間5分」を基準に、防犯性能試験を実施する。 公表された資料には、ドア・窓・シャッターからの侵入手口と、各手口への効果が認められる対抗策が列挙してある。錠前選びや設計仕様のチェックを行う際の参考になりそうだ。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:853文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
【記事に登場する企業】
防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議
update:19/09/27