日経SYSTEMS 2003/05号

レポート 時流をつかむ
詳報●政府内のシステム構築方法を全面見直し
エンタープライズ・アーキテクチャを定め,民間からIT専門家を採用

政府内のシステム構築が全面的に変わる——2003年3月31日に開かれた各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議において,「EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)」と呼ぶ手法を採用することと,その実行のためのIT専門家「CIO補佐官」を民間から採用すること,に合意が得られた。 これにより,2003年度から各府省がCIO補佐官を置き,EAに沿ったシステム構築に着手する。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2508文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
【記事に登場する企業】
NTTコムウェア
経済産業省
日本IBM
米国政府
みすず監査法人
update:19/09/25