日経SYSTEMS 2003/05号

ケーススタディ キラリ★小さなシステム
めったにない難しい要求仕様 フレームワークで乗り越えた
上田八木短資 コール市場取引ブローキング・システム 「e−CAS」

 「応答タイムは2秒以内」「すべての端末はリアルタイムで情報を共有」「通信はWANを経由」「メンテナンスの負荷を上げない」——。 2002年12月に稼働した上田八木短資のコール市場取引ブローキング・システム「e−CAS(イーキャス)」には,最初から難しい要件が多く課せられた。(104〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4242文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > マーケットプレイス*
【記事に登場する企業】
上田八木短資
フューチャーアーキテクト
update:19/09/25