日経SYSTEMS 2003/05号

調査 企業ネットワークの利用実態
IP−VPN利用の伸びは鈍化 広域イーサネットへの移行も始まる
企業ネットワークの利用実態

IP−VPNの利用は現状で約5割に達するが今後の伸びは鈍化,一方で広域イーサネットは急速に利用が拡大し,IP−VPNからの移行ユーザーも獲得——。国内企業3000社を対象にした調査から,こんな結果が明らかになった。 現在,企業が新たにWANを構築する場合,IP−VPN*1,広域イーサネット*2,インターネットVPN*3の3つが選択肢として検討されることが多い。(126〜133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7840文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > その他(WANサービス)*
【記事に登場する企業】
三和電気工業
日清紡ホールディングス
ニッセイ同和損害保険
update:19/09/25