日経SYSTEMS 2003/05号

講座 ウイルス/ワームはなぜうつるのか−−中編
セキュリティ・ホールを突いて 感染を広げるワームの脅威
ウイルス/ワームはなぜうつるのか——中編——

 日本時間の2003年1月25日,世界各地でネットワークのトラフィックが急増し,通信速度が低下したり,ネットワークへの接続が困難になる事件が発生しました。当初は「サイバーテロか」と騒がれましたが,「SQL Slammer」というワームが原因であることが明らかとなりました(写真1)。ウイルス同様,ワームも大きな被害をもたらしています。(164〜169ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7064文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
update:19/09/25