日経ホームビルダー 2003/06号

特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト
施工するときの注意点は?

 どの工法を選ぶにせよ、断熱材をすき間なく施工することや、気密性を確保することは、断熱性能や結露防止のうえで欠かせない。 外張り断熱は文字通り、躯体の外側に断熱材を張っていく。このときに、建物全体がすっぽりと覆われるように施工しなければならない。すき間があると、断熱欠損が生じ、その部分だけが冷やされて(または熱せられて)しまう。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3043文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト(45ページ掲載)
ちょっと気になる 外張り断熱
特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト(46〜47ページ掲載)
そもそも充てん断熱とは どこが違うのか?
特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト(48〜51ページ掲載)
施工するときの注意点は?
特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト(52ページ掲載)
手間やコストはどのくらい?
特集 知っておきたい施工上の注意点やコスト(53ページ掲載)
解説 イメージに振り回されず メリットとデメリットを 顧客に正しく説明する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
update:19/09/27