日経アーキテクチュア 2003/06/09号

フロントライン
都心の建物全部つくりました

さ10m×8mの巨大模型は、森ビルが4月25日の六本木ヒルズオープンを記念した企画展で展示中。山の手線内側エリアの建物が、ほとんどすべてこの模型の中に入っている。スタイロフォームに写真を貼り付けたもので、森ビルの模型製作スタッフが東京中の15階以上の建物をすべて撮影した。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:540文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
米コーン・ペダーソン・フォックス社
米ザ・ジャーディ・パートナーシップ・インターナショナル
森ビル
update:19/09/26