日経アーキテクチュア 2003/06/09号

特集 若手の実像
若手の実像
等身大の自分を大切にしたい

建築界の若手は自分たちの置かれている現状を意外とクールに見極めている。現実離れした専門家同士の議論には興味を示さない。むしろ建築の利用者や職人たちに目を向けて、等身大の自分を活かす手立てを模索している。30歳前後の若手の仕事観に迫った。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 若手の実像(72〜73ページ掲載)
若手の実像
特集 若手の実像(74〜77ページ掲載)
リアルな現場にやりがい
特集 若手の実像(78〜80ページ掲載)
対等な人と人の関係築く
特集 若手の実像(81〜84ページ掲載)
枠にとらわれずにつくる
特集 若手の実像(85〜88ページ掲載)
任されてこそ自信が付く
特集 若手の実像(89ページ掲載)
現実に則して将来を展望
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:19/09/26