日経アーキテクチュア 2003/06/09号

法務
隣人の承諾がなくても 「袋地」に設備配管を引けるか
弁護士 杉山 真一

s電気・ガス・上下水道などを道路から直接引けず、他人の土地を経由しなければならない状態にある土地を「導管袋地」という。s導管袋地では、隣人の承諾がなくても、その土地の地下に導管を通すことが許されることがある。2002年10月に出た最高裁判決では、自ら設置する場合だけでなく、他人が既に設置した給排水設備などの使用が認められた。(94〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/26