日経情報ストラテジー 2003/07号

部下を育てるコミュニケーション術
上司も「疲れた」と言おう
第 13 回 共感的理解は水平のコミュニケーションから

 ドイツの詩人ゲーテは「喜びは共にすると倍になる。悲しみは共にすると半分になる」という、有名な言葉を残している。 感情を共にすることを、共感という。部下の話に共感できる上司は、双方の心理的な距離を近づけることができる。ところが、言っていることは正しくても、共感を伴わない発言は実感に乏しい。(123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/24