日経情報ストラテジー 2003/07号

ウオッチ 流通
250億円かけ経営情報を整備
住友商事 グループ700社巻き込み、連結決算の月次集計

 住友商事は来年4月までに、グループ連結の経営情報を即時に把握できるようにするプロジェクト「SIGMA21」を完了させる。システムは段階的に稼働しており、一部の事業部門・支社への展開を残すだけになった。1999年からの総投資額は約250億円に及ぶ。 通期連結決算の翌月発表を目指していたが、2003年3月期決算(4月30日発表)で達成した。(152〜153ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2844文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > オンラインショップ/モール
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
【記事に登場する企業】
IDOM
オートバックスセブン
ケーズホールディングス
住友商事
セシール
相鉄ローゼン
マルエツ
update:19/09/24