日経アーキテクチュア 2003/06/23号

ニュース 住宅付置義務に見直しの動き ほか
ニュース

(2)公開空地の位置や規模(3)公開空地の利用のしやすさ(4)市が指導した防災計画の変更やゴミ集積所設置の内容——などを検証し、「計画には交通上、安全上、防火上、衛生上の支障がない」と判断した。 容積率や高さについても計画の合理性を認め、「市長は周辺地域の土地、施設の整備状況を勘案した上で許可しており、裁量権を行使しなかったと言うことはできない」とした。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1059文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
国土交通省
地方自治体
update:19/09/26