日経食品マーケット 2003/07号

これから家庭に入る外食メニュー ラム肉
「臭い」イメージ薄れ、ヘルシーさで人気
ラム肉

今年の干支が未だからということでもあるまいが、外食の世界でラム(子羊)肉の人気が高まっている。 特有の臭いがあるマトン(生後1年以上の羊肉)との混同もあり、これまで敬遠されがちだったが、イタリアンやフレンチのレストランでおいしいラム料理を食べる機会が増えるにつれ、認識が変わってきた。(155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1056文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
【記事に登場する企業】
ル・ブルギニオン
update:19/09/27