日経ホームビルダー 2003/07号

焦点
震度5弱を記録した仙台市郊外の住宅地ルポ 再び起きた和風住宅の棟瓦落下
住宅

 5月26日に発生した東北地方の地震では、大規模な住宅被害は発生しなかった。だが仙台市では、震度5弱という中程度の揺れだったにもかかわらず、2年前の芸予地震と同様、和風住宅の棟瓦が落下する被害があった。被害は築年数に関係なく、瓦の施工法や屋根構造に起因すると思われる。地震発生翌日の27日、現地を取材した。 上の写真の住宅を撮影した際、世帯主と居合わせた。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:798文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/27