日経情報ストラテジー 2003/08号

やる気のサイエンス
複雑系科学が裏づける 「知行合一」の行動哲学
第 3 回

 言うべきだと分かっていても、言えない。やろうと思っても、一歩が出ない。そんな心理の裏には「どうせ結果は知れている」というニヒリズムが巣くっている。 例えば、自分の娘が通う中学校で、校長先生の講演を聴いて感銘を受けたとしよう。直後には、気持ちも高揚して「一言感想を書こう」と思い立つ。(190〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5021文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/24