日経SYSTEMS 2003/07号

レポート 時流をつかむ
新勢力●他社の運用に学ぶ,「itSMF Japan」が始動
フレームワーク「ITIL」の有効性を見極め,自社の弱点を補う

運用プロセスのベスト・プラクティスを広める会員制ユーザー・フォーラム,「itSMF Japan」が活動を本格化させる。7月9日にカンファレンスを開催。会員募集を開始すると同時に,関連書籍の和訳「手引書」と「用語集」を出版する。 itSMF(IT Service Management Forum)は,1991年に英国で設立。その後,世界14カ国に活動を広げた。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1235文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
【記事に登場する企業】
ITサービス・マネジメント・フォーラム・ジャパン(itSMF)
update:19/09/25