日経SYSTEMS 2003/07号

ケーススタディ DB・APサーバー活用の勘所
RDBではXML文書の検索が遅い 独自開発のキャッシュで高速化
食品総合研究所 「青果ネットカタログ」

 食に関する研究を行う独立行政法人 食品総合研究所は,農作物に関する生産情報などをインターネットで公開するシステム「青果ネットカタログ(略称:SEICA)」を構築した。Webブラウザで利用できるほか,Webサービスとして呼び出すためのインタフェースを公開している。 データの形式には,柔軟なデータ構造が採れるXMLを採用。(166〜169ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4019文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
食品総合研究所
ユーワークス
update:19/09/25