日経SYSTEMS 2003/07号

特集2 アジャイル開発を成功に導く 特集2トビラ
アジャイル開発を成功に導く
適性の見極め,ユーザーとの合意がカギ

アジャイル開発が,評価から実践の段階に移ってきた。XPなどを実践した人たちからは,その有効性を認める声が上がっている。ただ,実際のシステム構築では,教科書通りにいかない場面も多い。大規模システムに不向き,ユーザーとの合意が難しい,など注意が必要だ。実際のプロジェクトで適用した例から,成功に導くためのポイントを探る。(196ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:275文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 アジャイル開発を成功に導く 特集2トビラ(196ページ掲載)
アジャイル開発を成功に導く
特集2 アジャイル開発を成功に導く(197〜205ページ掲載)
特集2●本文
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25