日経SYSTEMS 2003/07号

解説 セキュリティ対策の落とし穴
中途半端な管理体制は破たんする ——組織,人,運用の観点で見直せ
セキュリティ対策の落とし穴

 組織内のセキュリティ管理というと,ファイアウォールやアンチウイルス・ソフト,IDS(侵入検知システム)*1の運用管理を想像するかもしれないが,それは一部に過ぎない。セキュリティ管理はすべての業務プロセスで関係してくるものである。例えば,派遣社員の採用時にどのような条項を契約に盛り込むべきか,コンピュータを廃棄処分する際に何を実施すべきか——などである。(206〜217ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:15284文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
IDCフロンティア
update:19/09/25