日経ITプロフェッショナル 2003/07号

CATCH THE TREND ユーザー動向
トヨタが2000億円投じ新システム 東京三菱銀は「EA」導入に本腰

 2002年度決算で最高益を記録するなど,製造業の代表的な“勝ち組”企業であるトヨタ自動車とキヤノン。5月から6月にかけて,両社の大規模な情報化投資の計画が明らかになった。情報化においても,勝ち組がさらに強くなるための布石をいち早く打つ,という構図が見えてきた。 トヨタは,約2000億円という過去最大規模の情報化投資を実施。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1613文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
キヤノン
東京三菱銀行
トヨタ自動車
update:19/09/25