日経ITプロフェッショナル 2003/07号

CATCH THE TREND 製品・技術
9000MIPSの処理性能を持つメインフレーム

日本IBMは6月16日,メインフレーム最上位機「eServer zSeries 990」を出荷開始した。最大32個のプロセサと256Gバイトの主記憶メモリーを搭載できる。最大構成時の処理性能は9000MIPSと,従来の最上位モデルである「同900」の約3倍に達する。レンタル料はハードウエアの保守料込みで月額1900万円から。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:242文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > コンピュータ本体 > メインフレーム・スーパーコンピュータ*
【記事に登場する企業】
日本IBM
update:19/09/25