日経ITプロフェッショナル 2003/07号

IT資格の価値 技術士(情報工学部門)
30年以上の歴史を持つ ITエンジニアの“ステータス”
技術士(情報工学部門)

 「技術士(情報工学部門)」は,文部科学省が所管する国家資格である技術士の1部門。優れたIT知識を用いてソフト/ハードの研究,設計,開発を行えるITエンジニアを認定する。技術士法に基づき,社団法人・日本技術士会の技術士試験センターが1971年から実施している。 資格取得までのステップは次の通り。第1次試験を受験し合格すると,まず「修習技術者」となる。(192〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > IT関連資格*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > IT関連資格*
【記事に登場する企業】
日本技術士会
update:19/09/25