日経アーキテクチュア 2003/07/21号

ニュース 「後埋め」地下室マンションの是非で紛争 
トラブル 横浜市が地下容積率不算入制度の見直しを国に要望 「後埋め」地下室マンションの是非で紛争

 いわゆる地下室マンションをめぐるトラブルが相次ぐ横浜市で、中区本牧満坂に建設予定のマンションの近隣紛争が波紋を広げている。住民の訴えを受けて、中田宏市長が建築確認処分を数日間延期するなど、建築関係者以外の関心も集めた。 問題となった計画は地下6階・地上3階のマンション(60戸)で、東西北の3面を傾斜地に囲まれたおわん状の土地のほぼ中央に建てる。(45〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3155文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
荒川建設工業
大林組
鹿島建設
木内建設
国土交通省
清水建設
竹中工務店
地方自治体
update:19/09/26