日経アーキテクチュア 2003/07/21号

法務 圧迫感・閉そく感の受忍限度はどのような基
圧迫感・閉そく感の受忍限度は どのような基準で判断されるか
弁護士 大森 文彦

s日照被害を理由として建築工事の禁止や損害賠償請求が認められることは多いが、建物の圧迫感や閉そく感だけを理由に認められるケースは少ない。しかし、高層マンション訴訟などで争点として取り上げられる機会は増えており、設計時に配慮する必要性が増している。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/26