日経アーキテクチュア 2003/08/04号

現場からの建築指南
入念な事前準備を

戸田建設で20カ所の工事現場を経験した佐橋輝男氏は、躯体の品質を確保するには綿密な事前計画が重要だと説く。施工に入る前に、できるだけ具体的な計画を立てておくことが高品質の躯体を実現する第一歩だ。目標は数値化し、事前に問題点を洗い出す作業に時間をかけている。 現場では、まず計画を立てて、それを実行し、達成内容を確認して、さらなる改善計画を立案する。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3255文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
戸田建設
update:19/09/26