日経アーキテクチュア 2003/08/04号

技術クリップ/新技術・IT
コンクリート ひび割れ誘発目地工法を 大林組が外販

 大林組は、コンクリート壁に発生する収縮ひび割れを集中させる誘発目地工法「カラム目地」を外販する。2年前に開発した工法で、今年3月から同社の標準仕様に採用している。 高強度モルタルを充てんした塩化ビニール管をコンクリート壁の中に埋め込むことで、収縮率の異なる部位をつくり出し、塩ビ管の位置にひび割れを集中させる。(118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:534文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
大林組
update:19/09/26